職業別おすすめエステ【事務職・研究職編】 慢性的な肩こりや腰痛には、スパやマッサージなどプロの手によるケアが必要

職業別おすすめエステ 管理職編

事務職・研究職編

疲れを溜めていては、ダメ!

慢性的な肩こり、デスクワークによる眼精疲労、長時間の着席による腰痛、そして、頭痛、足のむくみ。事務職や研究職系には、こうした仕事上の疲れが多い。
慢性的な疲れを残すと、集中力が欠け、仕事のミスが増えてしまう。仕事上のミスは、事務職・研究職には命取りだ。

事務職・研究職のあなたにおすすめする3つのエステ
  • リラクゼーション
  • フットケア

リラクゼーション 肩こり、眼精疲労、腰痛、頭痛・・・仕事の疲れに

事務職や研究職にとっては必須のパソコン作業。仕事のためとはいえ、一日のほとんどの時間をディスプレイと向き合いながら過ごせば、肩こりを避けては通れない。仕事上のストレスや姿勢の悪さも、全て肩こりの原因となりうる。さらにいえば、肩こりは放っておくと、頭痛や腰痛も引き起こす。筋肉の緊張は周りの血液を圧迫し、身体全体の血流を悪くしてしまう。

こうなってくるともうお手上げ。想像以上に緊張した筋肉は、自力でほぐすのはかなり難しいものだ。 そんなときは、プロの手でマッサージしてもらうしかない。揉みほぐすことで、筋肉の緊張を取り除こう。

慢性的な肩コリストにならないためにも、辛いな、と思ったときに我慢をせず、その都度、効果的なマッサージで筋肉を緩めていこう。

編集部おすすめのリラクゼーションコース

フットケア デスクワークが、足をむくませる!

デスクワーク中心で、同じ姿勢をすることが多い事務職や研究職は、全身の血行が悪くなり、足がむくみやすい。全身の血液やリンパ液がスムーズに流れていない、足のむくんだ状態は、体の新陳代謝が鈍り、ますます疲れ気味の体になってしまう。こうした場合は、フットケアでしっかりマッサージをするのがおすすめだ。

また、足裏マッサージもおすすめ。足裏は体の地図と言われるように、足裏の特定の部位が体の特定の部位に効くツボがあり、そこをマッサージすることで体全体のマッサージに繋がるとされている。足裏をケアすることは、全身のケアになるのだ。

編集部おすすめのフットケアコース
  • 営業マン編
  • 管理職編
  • 事務職・研究職編
  • 若者編
  • ダンディ編
  • 新郎編
ページ上部へ