ひげ脱毛で手に入れる24時間オトコマエ肌

  • ひげは男の印象を決める最大のポイントと言っても良い。
    だからこそ、このひげをどう攻略するかで、男の価値が決まってくるのだ。
    もちろん、伸ばしっぱなしなんて言語道断。
    ひげを‘脱毛する’という選択は、逃げではない。
    むしろ効率よく攻めるための、ひとつの手段。
    男のスキンケアはここから始まる。
    今年の夏はプロとのタッグで、ワンランク上のオトコマエ肌を手にいれよう。
時間もかかるしめんどくさい…
ひげ剃りは「できればしたくないこと」No.1!
一般のサラリーマンが平日の毎朝ひげを剃ると仮定すると、年間で約240回のひげ剃りをしていることになる。しかも、やっかいなのは掃除や洗濯とちがって、外から見える部分だけにおろそかにできないという点。剃っても剃っても翌日にはちゃーんと生えてくるひげ。ひどい場合、その日の夕方にはもう、青々としたあごに…ということだってある。 ひげをそるということは、刃を肌にあてること。少なからず肌を痛めてることにもなるので、できればしたくない!と思うのは当然だろう。
キーワードは‘清潔感’
それが無ければただの「汚らしい人」
男らしさを感じるポイントとして人気かと思いきや、意外なほどに女子ウケが悪い、男性のひげ。理由の多くが「不潔そう」、「清潔感がない」というもの。ふんふん、やっぱりね。…しかし!「似合っていて清潔感のあるおしゃれなヒゲは好き」や「清潔感があってきれいなヒゲならかっこいい」という意見もチラホラ。いづれにしても‘ひげ’と‘清潔感’は切り離せないと思っていた方がいい。 自分で手入れして、流血したりボツボツと痛々しい剃り跡を残してしまうのは、清潔感どころか、ますます女子がひいていく事態に。収拾が付かなくなる前に、プロの手に任せておくのが賢明だ。
  • レーザー脱毛(クリニック) or ニードル脱毛(メンズエステ)
  • レーザー脱毛(クリニック) or フラッシュ脱毛(メンズエステ)
  • ニードル脱毛(メンズエステ)
  • クリニックで行うレーザー脱毛は「入会金が無い・回数が少なくて済む」という点で、エステに比べると割安だと言える。ただ、広範囲を一気に脱毛するので、デザイン性のあるひげを作るのは難しい。

  • クリニックのレーザー脱毛の、エステ版のような位置づけ。レーザーよりも出力が少ないので、痛みに弱いという人には安心できる方法だろう。

  • かなり痛いが、その代わり永久脱毛としての確実性が高いのがニードル脱毛だ。毛穴に針を刺して電気刺激によって毛乳頭を死滅させていく。繊細なデザインひげにも有効。

ページ上部へ